2017年12月16日 (土)

LM750HSでTVチューナは使える?

前置き:電子製品の改造は個人の責任で行うものです。配線ミスや組み付けミスなどによっては火災・事故・財産の損傷などに繋がることがあります。当然ですがメーカーの保証は受けられなくなりますし、筆者はこれらの事象については一切関与しません。あらかじめ御了承ください。

オークションで落手したLM750HS。光学ドライブとLEDへのフィルム基板が外れていただけ、というとっても上品なジャンクをステキな値段で落札。
ぼちぼち、ノマドっぽい仕事の相棒に使うとして。
先日入手していたLL770FSとは殆どハードが一緒なのに気付いて、もしかしたらLL770FSでリカバリしたHDDを入れてやったらTVもOKなのかな?と好奇心のツノがもたげてくる。

まずはLL770FSでリカバリしたHDDを用意して、装着。
…あれー。トラックパッドの反応が悪い。間欠的にしか効かない。これは後で対処するとして、無線でのペアリング。
なんかいまいち。結局、LL750FSに無線カードを持っていってペアリング。
これは成功したけど、(放送局の設定のために)SmartVisionを立ち上げると「機種が違うでしょ」と出て中断。

こっから先はハック的な要素があるので、良い子の皆さんはクリックしちゃ駄目だよ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月13日 (水)

今更ながらSLCなCFとSSDのベンチマーク。

CF-SCSI変換ボードを載せてるx68kのメンテの合間に、ずっと放置状態だったトラセンドの4GBのSLCと言われるx266とx300のCFの検証を思いつく。
まずはUSB2.0のカードリーダーでベンチを掛けて見る。

Transcend4g266x x266のベンチ結果。シーケンシャルで18MB/s?ちょっと遅くない?


Transcend4g300x x300も同様な結果。少しだけ上回ってるけど。
4Kランダムは0.1MB/sを超えてるのでSLCなのは確実。


とはいえシーケンシャルの数値があまりにも遅いので、リーダーの問題?とXPマシンを引っ張り出してUDMA&CardBus対応のCF-PCMCIAアダプタを引っ張り出して。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 7日 (金)

NGFF M.2キーBフレキシブル延長ケーブルアダプタ

Lenovo ThinkPad T540pを購入して2年半。そろそろSSDの更新を、とM.2-2242の256GBを物色してみるが、2242という狭さでは造りにくいのもあってか殆ど新型が出てない状況。

あるとしたらトラセンドの少し前のモデル。暫くするとamazon販売よりも安いのが3者から同時に出品されてるのに気付く。しかし同時出品してる商品に一貫性がないことや、出品者の情報を漁ってみると電話番号が国際表記になってて、個人出品者なのに住所まで記してあったりと妙な印象。一人はツィッターもしてるようだったのでこちらにもメンションしてみるが反応がない。もともと、このアカウントのプロフィールを見ると農家なんだよねえ。
程なくしてそれらは成り済ましの詐欺アカウント軍団と判明。ひゃあ、危機一髪。

何となしにM.2の延長キットでもないかしらん、と検索したら出てきたのが「powerday® NGFF M.2キーBフレキシブル延長ケーブルアダプタ 」 (現在在庫切れのまま)。
これならM.2スロットの中に2280を収納できるかも、と注文。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 2日 (日)

Sprint版iPhone5cはアメリカ放題の夢を見るか?

知人からアメリカの集会に来てみない?と誘われて、パスポートを再発行したりと着々と準備。
その折り、ソフトバンクのアメリカ放題が現在も絶賛無料実施中という。これに加えて手元のフリーSIMなiphone5cの製品番号(MF1611LL/A)を調べたら(リンク先:All about iPhone / iPhoneの製品番号/部品番号 モデル一覧 )Sprint版と判明。
手持ちのiPhone5の契約状況を照らし合わせてソフトバンクに質問してみたら、「5cは対象外なんですよ、SE以降のモデルをお求めくださいね。国内フリーSIMでも良いですよ」とのこと。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 6日 (火)

グリルファンに動作確認LEDを付ける

一般的なグリルファンは回転音で気付くからかどうか、動作を示すランプが付かないのが殆ど。これ、補聴器を付けても聞き取れない人には非常に不親切なんだけどねえ。下手すると一晩付けっぱなしなんてことも。
ということでAC100Vでも単純な回路でLEDを点灯させられることが判り、どこから電流を取ればいいかな、と旧来の電子工作知人に聞いたりして・・・。

Img_6724s


ということで、実装して点灯させた図。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 6日 (木)

NEC LaVie LL770FSとその仲間たち

SmartVisionもすっかり代替わりして、WiFiが必要充分な速度を稼げるようになったこともあってか、地上波+BS+CSの3波チューナをWiFiでノートPC本体へ飛ばしてPCで表示、という組み合わせモデルがチラホラ。
その中で比較的入手しやすいモデルを3つ落札してみたのでちょいレポート。
案外、接続のノウハウてどこにも出てないぽいのね。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 4日 (木)

LZ-P1のLED化

2015年暮れ、ふらりと寄ったハードオフで見つけた東芝の小型液晶プロジェクタ「LZ-P1」。ネットには情報がほとんどないものの、後継モデルのLZ-P2については少々の情報(東芝)が得られる。P2では当社比で2倍の明るさ、というとP1は光学系でかなりのロスをやらかしてたみたいね。

一応、光は出るというジャンク扱いで2000円(税別)に小一時間・・・じゃない、小一日ほど迷ったりして。
ハロゲン交換電球は入手可能なものの、値段と明るさと(消費電力と)で釣り合わないし、LED版はW数および放熱フィン込みになってて収まらないし、12V駆動のモノが見あたらない^O^。

手元にはバイクorクルマのH4バルブのLED化に使うつもりでヤフーオークションで買いそろえてた10W LEDが複数あり、クルマやバイクの方は既製品で間に合わせてしまったのでこっちを流用してみるべ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月25日 (水)

X80HD win10 クリーンインストール覚え書き

一連の雑事がやっと落ち着いたところでX80HDのwin8.1をwin10に変更。
事前に使用したいソフトがwin10で動くことを別のPCで確認済み。
X80HDのプロダクトキーも確認。
ドライバ類はDoubleDriverでバックアップ。(日本語版オリジナル どちらも同じ4.1・2015/11現在)
チェックマークは自動で付いてくるのでお任せして保存。
んで、MSからもBuild 10586が公開されてきたのでダウンロード。32bit Homeね。
DVDに焼いて、HUBを経由して起動。
パーティションは16~19を削除して空けた14GBくらいを空きエリアのままで指定。
途中、プロダクトキーを求められるものの、適合しないといわれてしまう。とりあえずスキップ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 6日 (金)

X80HD リカバリ覚え書き

Teclast社のAndroid 4.4とWindows 8.1(中国語版)のデュアルブートなタブレット。
メーカーの紹介ページなぞ。

パーティション情報が普通とかなり異なります。
#1 ESP 64MB システム FAT32
#2~#15 プライマリ ext
#16 SYSTEM 100MB システム FAT32
#17 MSR 120MB
#18 Windows 13.5GB プライマリ NTFS
#19 Images 4.9GB 回復 NTFS

デスクトップには3つの動画ファイルへのショートカットがあり、それぞれ
・win8の使い方のさわり
・office365の案内
・リカバリ方法
となっています。リカバリ方法はキーボードをつないでシフトキーを押しながら再起動することで、BIOS画面を経由せずにwin8.1自体のリカバリ画面へ切り替えられるようにするものです。
注意点としては、windows 8.1 Home 32bit、およびUEFIになっている所です。
つまりlinux型リカバリツールディスクの起動は不可。
また、64bit winPEも起動途中でこけます。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 4日 (金)

ブラザープリンタのタッチパネルモデルのアソコについて

先日、カラーインクを顔料インクに交換して、雨に強い簡易ポスターが出来るとニンマリしてたら、広範囲な印刷ではインク詰まりが発生することが判明。
こちらは元の染料インクと入れ替えてクリーニングで回復するので良いけど、廃インクタンクが早く満杯になってしまうのが問題ではある。

リセット方法はないのかな?と思ったけど、どうもまだ見あたらないみたい。
そんな中、ポルトガル語の解説ビデオではタッチパネルモデルでメニューボタンから入るというような説明があるのに気づく。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ThinkPad R60 (9455-35J) QXGA液晶パネル実装顛末