« 八ツ場ダム推進関係者は、サミットフィーバーに罹ってないか(追記あり) | トップページ | 2016年オリンピック開催地投票に思う »

2009年9月20日 (日)

河野太郎の功績

自民党総裁選挙で他候補と火花を散らしているが、このような功績があることを紹介したい。
情報ソース 千葉県議会・市民ネットの大野県議のblogより:
財源はあります! 年間12兆円
http://kenken55chiba.blog54.fc2.com/blog-entry-49.html

河野太郎氏は自民党若手を中心に「無駄遣い撲滅プロジェクトチーム」を組み、4省(文科省、環境省、財務省、外務省)の事業を徹底的に見直し、 不要不急の事業を洗い出したところ、4省全体で3500億、予算の14%になったという。この4省はもともと予算が少ない部署。

他の省は?というと、マンモス3省(農水省、厚労省、国交省)に関しては自民党中枢からものすごい圧力で手がつけられなかったのだそう。これも念頭に置いてか、河野氏の発言は、これらを意識しているようにも見える。

参考:日経ビジネスオンライン
民主勝ち過ぎ、「2大政党制」雲散霧消か
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20090830/203767/

|

« 八ツ場ダム推進関係者は、サミットフィーバーに罹ってないか(追記あり) | トップページ | 2016年オリンピック開催地投票に思う »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/503499/31452698

この記事へのトラックバック一覧です: 河野太郎の功績:

« 八ツ場ダム推進関係者は、サミットフィーバーに罹ってないか(追記あり) | トップページ | 2016年オリンピック開催地投票に思う »