« 八ツ場で進行中の地すべり現場 | トップページ | ジャンクHDDナビをいじってみる。2 »

2011年2月 2日 (水)

ジャンクHDDナビをいじってみる。

PC雑貨(?)通販サイトから入手してみたジャンクHDDナビ。
機種名はあえて伏せておきますが、見た目ですぐに判ると思う。
背後の配線が根元から切断され、HDDや上面蓋が外されており、かなりのジャンク。
通電してみたところ液晶パネルユニット左右のスイッチやスライド機構は生きている。
この状態で外してみたところ、フラットケーブルが切断されてることが判明。

Img_5312

あんまりだとは思いつつ、液晶工房で0.5mmピッチ・50芯を調達。こっちは左から5~8番線が0.75mmピッチと太目のパターンになってる。12V周りかな。

比較対象品も必要と判断し、同機種の動作品をオークションで落札。ううむ、最初から動作品を落札したら良かったのかもしれない。

ということでマトモ号からいったん液晶パネルユニット、HDDを移して通電したところ・・・

Img_5332

あにゃろ~、地図の更新と同時にファームウェアもアップデートしてたんか…。この場合、地図ソフトに付属するSIMが必要。動作品は未更新。地図を更新した時に、SIMとナビを結びつけるためにSIMが書き換えられる、なんてことがなきゃいいのだけど。故障し、同等品に置き換えた時に流用するのは問題ないはずなんだよね。

地図の方はちょっと後回しにするとして、バックライトが点灯しない液晶パネルを分解してみる。(当初、うっすらと「HDDを入れてください」の文字が見えたので、バックライト不良だと判明した次第)

Img_5315

鳥取三洋の6.5型液晶パネル。枠がきっちりはまっている。茶色のフレキシブルケーブルは両面テープで固定してあり、ドライヤーで温めながらゆっくりはがして開いたのがこれ。

Img_5334

バックライトは水色の線寄りが既に折れていた模様。確かに本体自体にもスライドさせるとパネル部分に引っかかりがあり、落下させたような節がある。う~む、L字に折り曲げたバックライトとは…長辺は145mm前後、これは入手できるけど、製造終了の155mmが安い。ガラス管ぴったりで、電極が外にはみ出てしまう。

ちなみにインバーター部分は生きており、市販の4W蛍光管をぼーっと点灯させられる。点灯させようとワニ口クリップをつまもうとしてうっかり端子部分に触れて感電。気を取り直して蛍光管の端子に近づけると、まだ接触させないうちから端子間をスパークが飛んでる^_^;

今後の課題としては:

1)扱いに気を遣わなければならない蛍光管(140~145mm)をとりあえず1本入れる。明るさの点では不利になりそう。過去に15"ノートPCのバックライトを交換したことはあるけど、この時は側面からスルっと抜き差しできて容易だったので失敗せずに済んだのだが、こっちは全分解のち組み付け…。

2)折れても気にしない値段で、金属リードがはみ出るのを対策することで1本入れる。明るさは同様の問題が残る。ただし金属枠の隅を加工すればスルっと抜き差し可能にはなるが。これは1)でもシリコンキャップを整形すれば可能?

3)米粒な3020や3216の白LEDを15個ほど0.1mm~0.3mm厚のプリント基板に配線してすげ替え。安全のためインバーター回路を無効にして、またイルミ電源に連動して「減光」することも視野に入れる必要がある。

のいずれかになりそう。個人的には3をやってみたいところだけど、インバーター回路の検証が必要。手に負えるかな・・・。

Kyotaniさんのblogに類似記事があり、やはりインバーター部分は分離設計になっているよう。とすると、やたら大きい0Ωのチップ抵抗(R1212)を外すと全体でインバーターがオフになるのかしらん?もう1つL1220、こっちはコイルか。基板を透かしてみると完全に分離にはなっておらず、内層のパターンが行き来しているよう。

Img_5315z

(続くのかな?)

|

« 八ツ場で進行中の地すべり現場 | トップページ | ジャンクHDDナビをいじってみる。2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/503499/38710569

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンクHDDナビをいじってみる。:

« 八ツ場で進行中の地すべり現場 | トップページ | ジャンクHDDナビをいじってみる。2 »