« ジャンクHDDナビをいじってみる。2 | トップページ | ジャンクHDDナビをいじってみる。4 »

2011年2月20日 (日)

ジャンクHDDナビをいじってみる。3

HDD MAP JAPAN 10 を購入し、ひとまずはSIMのスイッチを左に入れて地図更新の画面にしてからDVD-ROMを読ませてみたところ、少ししてから「SIM認証失敗」となり中断。
んじゃあ、このままSIMを入れて地図更新画面を出してやってみたところ・・・成功!

Img_5395

強制更新の文字もチラと出て、2時間弱かかって完了。この時点ではアプリケーションCD-ROMを使った更新を行っていない。
アプリケーションバージョン:A01A030005
地図バージョン:JPN_MAP10_0101

Img_5396

改めてアプリケーションを更新してみたところ、
アプリケーションバージョン:A01A080001
になり、サイドブレーキの確認画面が入るようになった。

Img_5397

・・・ということで、ひとまずは動作確認は完了といえそうです。

以下、いくつかのメモ。

DVDスロットインドライブはATAPIではないようで、レーザー出力の低下による読み取り不良については市販のDVDスロットインドライブと入れ替え、とはいかないようです。

Dvd_img_5330_3

Dvd_img_5331_2

フラットケーブルは50芯、下記画像(クリック→拡大)のようにTC94A61FGと接続している。

Tc94a61fg_img_5391

 

Img_5383

オークションでは時々トレーの出入りがおかしいというものが出品されていますが、トレーユニットと本体を繋ぐコネクタの端子が曲がっているか、陥没した可能性があります。この端子はちょうどトレーの両端のセンサーSWに繋がっているのです。


面倒くさがらずに、トレーユニットのアンテナ端子が引っかからないように背面パネルを外し、トレーユニットを本体に対し垂直に持ち上げて脱着すれば、上記のような損傷を回避できます。(ちょっとコツが判れば背面パネルを完全に外さなくても良くなるかもしれません)

以下は1mm径ドリルで外科的に陥没した端子を修復する過程です。端子と樹脂の接着にはスーパーXを使用。

Img_5384

Img_5385_2

Img_5403_2


ちょっと予告

Vics_img_5375

Vics_img_5376

光ビーコンはやはり互換性がありました!

Lcd_img_5363

28pin、一部のパターンがカットされたり太くなっているのは、もしかして02L02かな…。実際、GNDパターンも同一。

|

« ジャンクHDDナビをいじってみる。2 | トップページ | ジャンクHDDナビをいじってみる。4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/503499/38943984

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンクHDDナビをいじってみる。3:

« ジャンクHDDナビをいじってみる。2 | トップページ | ジャンクHDDナビをいじってみる。4 »