« ジャンクHDDナビをいじってみる。3 | トップページ | 東京電力、おてんとさまにはお見通しよ »

2011年2月24日 (木)

ジャンクHDDナビをいじってみる。4

前置き:電子製品の改造は個人の責任で行うものです。配線ミスや組み付けミスなどによっては火災・事故・財産の損傷などに繋がることがあります。当然ですがメーカーの保証は受けられなくなりますし、筆者はこれらの事象については一切関与しません。あらかじめ御了承ください。

VICSの光ビーコンは数社で共通仕様となっているようで、ピンアサインを少し変えるだけで繋がるという。→流用例
ソニーのNVX-Z555はサンヨーのHD1000のOEMながら、光ビーコン端子はmini- DIN8pin。Z555に使われるNVA-VB3はminiDIN4pin。
仮配線したりしながら、本体のmini-DIN8pinの回路にジャンパ線を設置して実走してみたところ。

Vics_img_5376

ちなみに車内に2台も設置しても問題なく交信してます。

Vics_img_5378

渋滞情報もビーコンを通して一気に入手できるようです。HD1000の表示(クリックすると拡大)。

Vics_img_5381

こちらはZ555の表示(クリックすると拡大)。

Vics_z555_img_5382

渋滞区間の表示は赤(黄色)と灰色の点滅ですが、灰色表示の時になってました:)

今度はDVDの認識率が落ちているスロットインドライブのピックアップ調整。
PS2方面で先人が色々調べてくださっているのがありがたい。
もっとも、どの半固定抵抗をどの方向へ回せばいいのかは試行錯誤するしかなく、20回は脱着を繰り返す羽目に。

Img_5400

Img_5398

Vr


ピックアップのフラットケーブルは非常に薄くて柔らかいので素手での脱着は困難といっていいでしょう。ピンセットの先端を差し込んで脱着できるような穴が2つあります。

調整した結果、通常の一層DVDソフトはすぐ認識するようになり、DVD-Rに焼いたものは特定のものにおいて数回のリトライで再生可能、また地図更新のDVD-ROMも同様に数回のリトライで認識可能、となりました。
なお二層DVDソフトはさすがに無理でした・・・。

皆さんのご健闘を祈ります。

電子回路については基本的な知養を得ていることが前提です。自分で調べもしていないことが明白な、初歩的な質疑のやり取りは遠慮いたしますことを改めて御了承願います。

|

« ジャンクHDDナビをいじってみる。3 | トップページ | 東京電力、おてんとさまにはお見通しよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/503499/38991856

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンクHDDナビをいじってみる。4:

« ジャンクHDDナビをいじってみる。3 | トップページ | 東京電力、おてんとさまにはお見通しよ »