« 東京電力、おてんとさまにはお見通しよ | トップページ | 次世代エネルギー拾い集め »

2011年3月23日 (水)

太陽光発電の明るいニュース(修正あり)

ドイツでは太陽光発電が原子力発電の発電量を瞬間的ながら上回ったそうです。今後も太陽光発電パネルが増備されていくにつれ、ほとんど上回っていくでしょう。
http://www.klimaretter.info/energie/nachricht/8226-historisch-mehr-sonnen-als-atomstrom
いずれも12ギガワット台。

東電は夏場には冷房需要のために1000千万ワット不足という試算があります。もっと早いうちから太陽光発電に本気になっていたら間に合ったのかもしれません。(注:初稿時、「1000万ワット不足」と誤読。この場合、1ヶ月もあれば間に合う-となったのですが)

2010年の記事ですが、当初は年間160メガワット=16000万ワットとあります。
ロイター:シャープの太陽電池生産能力、1ギガワット体制に近づく


こちらでは、東電に屋根を貸したらいいじゃないか、という提起です。

東電が原子力発電所より太陽光発電所を作るべき理由

BLOGS: http://news.livedoor.com/article/detail/5433810/

・・・既に、住宅工務店の中では、太陽光発電パネルの設置を負担し、売電分を工務店の収入にしている事例があるそうです。(購入者は、太陽光発電パネルの購入負担が無いという仕組み)

|

« 東京電力、おてんとさまにはお見通しよ | トップページ | 次世代エネルギー拾い集め »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/503499/39338104

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽光発電の明るいニュース(修正あり):

« 東京電力、おてんとさまにはお見通しよ | トップページ | 次世代エネルギー拾い集め »