« Closed Capitonの自動同期を試してみる。 | トップページ | ThinkPad R60 (9455-35J) QXGA液晶パネル実装顛末 »

2012年10月22日 (月)

ジャンクHDDナビをいじってみる。完結編

割れた液晶パネルをどうにかしようと、同じサイズの液晶パネルを複数から調達してみるも、いずれも互換性なし。
・710NN(日産向けDVDナビ) オークションで入手

・トヨタ向けの液晶ユニット 秋葉原のパーツ屋より入手

Dsc_0184s

・配線数が似ているシャープの液晶パネル 秋葉原の液晶専門店より入手(ジャンクで100円)

Img_0035s

Img_0034s

Img_0033s

液晶パネル単体は探してみると香港などの業者で扱っていることが判り、あるサイトで見積もりを入れてみたら複数の業者からわらわらと回答が飛び込んでくる。
中には在庫があるかどうかも記さず、ただreplyするだけの業者も。この業者はその後も何度かただのDMを機械的に?よこしてくるので、その都度unsubscribeしてくれと返事を出してるうちに止めてくれたよう。

5枚、送料、関税込みでどう?と言ってくれた業者もいたけど、総額で考えると厳しいので保留。一応、数ドルはまけてくれたけどね。

検索して国内のナビ修理専門の方もいるのが判り、こちらにも見積もりをお願いしたら1枚でびっくりの値段…香港から取り寄せて、中間マージンをそれなりに載せてみるとこの値段になるのは無理もないみたい。

小休止していると、私と同様に液晶表示の不良品を直してみたいという方から連絡があり、道具もそろえているのに感心して、やりとりの合間に共同購入を持ちかけてみたりするもやはり値段が難点。

そして、私が購入したものを参考に、他のモデルを落札したという。
年式が少し古いものだったせいか、なんと大当たりでそのまま使えたとのこと。
品番を聞いて、私も即決落札。
いやまさか、全くピン信号も異なる液晶パネルを、マイナーチェンジで全く同じ筐体に採用していたとは。
ということで、左が合致しなかった710NN、右が合致したスズキ向けDVDナビの液晶ユニット。
Img_1801s

ひっくり返して。本体と接続するコネクタも全く同じ。

Img_1802s

裏蓋を外してみる。左上はシールド板が被り、左下も少し異なる。

Img_1804s

フレームを外してみる。710NNのタッチパネルは既に供出したため、フラットケーブルが見えないものの、この位置も一緒。

Img_1805s

フラットケーブルの芯数も異なる。

Img_1807s

Img_1806s

やっと拝めた液晶パネル。

Img_1808s

ということで、表示も復活。長い道のりでした。

Img_1812s

|

« Closed Capitonの自動同期を試してみる。 | トップページ | ThinkPad R60 (9455-35J) QXGA液晶パネル実装顛末 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/503499/47552920

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンクHDDナビをいじってみる。完結編:

« Closed Capitonの自動同期を試してみる。 | トップページ | ThinkPad R60 (9455-35J) QXGA液晶パネル実装顛末 »