« ThinkPad R60 (9455-35J) QXGA液晶パネル実装顛末 | トップページ | X80HD リカバリ覚え書き »

2015年9月 4日 (金)

ブラザープリンタのタッチパネルモデルのアソコについて

先日、カラーインクを顔料インクに交換して、雨に強い簡易ポスターが出来るとニンマリしてたら、広範囲な印刷ではインク詰まりが発生することが判明。
こちらは元の染料インクと入れ替えてクリーニングで回復するので良いけど、廃インクタンクが早く満杯になってしまうのが問題ではある。

リセット方法はないのかな?と思ったけど、どうもまだ見あたらないみたい。
そんな中、ポルトガル語の解説ビデオではタッチパネルモデルでメニューボタンから入るというような説明があるのに気づく。

ふーむ。メニューの長押しは…デモモードにしますか、だって。却下。
んじゃあホームボタンの長押しは…あれ、この画面前に見たっけ?8行を2行ずつ枠で囲って、シリアルナンバーやらを表示してる。最後の2行が空欄なのが怪しい。
この2行を長押ししてっと。
あらら、テンキーな画面。右下の>>を1回タッチして切り替えてSETをタッチ。
右上に■MAINTENANCE■ア■の表示。
ここからちょっとまごついたものの、他のモデルの情報を見て、
FUNK・MonoStart・FUNKでまた切り替わって
0 ■MAINTENANCE■の表示。
>>をタッチして、80とタッチしたら左上の表示が0XX-000-000(実際の表示は異なります)に切り替わる。
あとは<<を1つタッチ(>>を2つタッチしても同じだけど)して▼を35回くらい。
そこから先は例の4桁をタッチすれば良いのでしょうが、まだ満杯ではないことから
見送りとして未検証ですが、これを試して成功したら教えてね:)

当たり前ですがこの記事は無保証ですので、壊れたとかいって私に泣きついたりメーカーに泣きついたりしないでくださいませ。(お約束)
元より安いんですから、とっとと新品へお買い換えなさったほうが幸せでございましょう:)

|

« ThinkPad R60 (9455-35J) QXGA液晶パネル実装顛末 | トップページ | X80HD リカバリ覚え書き »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/503499/61454337

この記事へのトラックバック一覧です: ブラザープリンタのタッチパネルモデルのアソコについて:

« ThinkPad R60 (9455-35J) QXGA液晶パネル実装顛末 | トップページ | X80HD リカバリ覚え書き »