« ブラザープリンタのタッチパネルモデルのアソコについて | トップページ | X80HD win10 クリーンインストール覚え書き »

2015年11月 6日 (金)

X80HD リカバリ覚え書き

Teclast社のAndroid 4.4とWindows 8.1(中国語版)のデュアルブートなタブレット。
メーカーの紹介ページなぞ。

パーティション情報が普通とかなり異なります。
#1 ESP 64MB システム FAT32
#2~#15 プライマリ ext
#16 SYSTEM 100MB システム FAT32
#17 MSR 120MB
#18 Windows 13.5GB プライマリ NTFS
#19 Images 4.9GB 回復 NTFS

デスクトップには3つの動画ファイルへのショートカットがあり、それぞれ
・win8の使い方のさわり
・office365の案内
・リカバリ方法
となっています。リカバリ方法はキーボードをつないでシフトキーを押しながら再起動することで、BIOS画面を経由せずにwin8.1自体のリカバリ画面へ切り替えられるようにするものです。
注意点としては、windows 8.1 Home 32bit、およびUEFIになっている所です。
つまりlinux型リカバリツールディスクの起動は不可。
また、64bit winPEも起動途中でこけます。

Acronis True Image 2015 はwin上ではwinパーティションのイメージを取得する際、ローダーを一部変更してAcronisだけ起動するように再起動しますが、UEFIに未対応のためローダーに残骸を残してwin8.1の方が起動。
winPE版は64bitしか作成できないため、起動途中でエラーを表示して中断。

PARAGON B&R 2014 はDVDから起動できず、USBブートのみ。
こちらもイメージ取得は出来るものの、リストアで最後の所でこけるような印象。

とりあえず、win10はアップグレードならwin8.1に戻せるということなのでインストール。
w10をダウンロードする際、日本語を選択していたこともあり、office365は継承しなくなるものの、使いたいソフトは動くことを確認。
ではクリーンインストール。こちらは不足したドライバを読みに行かないためタッチパネルやμSDスロットが未認識。
win8.1に戻そうとして、イメージファイルの復元がうまくいっていないことに気づく。
USBメモリにパーティション全体を復元して、それらを転写してみようとしても、途中で頓挫。
ファイルロックが掛かった状態も復元してしまうのが原因なのかな?
作成したファイル群を削除しようと、ロックを解除するフリーツールを使ったら、ブルーバック。
その裏で削除プロセスが暴走したらしく、メインPCのHDDの一部のディレクトリも道連れに。
横着せずにUSBメモリ全体をフォーマットしてしまうのが得策でした…。

検索キーワードを変えてやっとロシアの掲示板で工場出荷に戻すキットを知り、指示にそって8GBのUSBにwinRE一式、32GBのUSBにイメージファイルを転送してwin8.1が回復。

今度はリカバリイメージも戻せるのに安心して、この#19を削除してwin10をクリーンインストール。このままwin10を使っても良かったのだけど、念のためと出荷キットを適用。
したらリカバリに失敗したから何とかせー、の青画面。windows標準のイメージ保存ツールで作成したファイルからの復元もうまく行かず、腐りながらもエラーコードを検索して処方にたどり着く。

エラーコード0xc0000225の解決策(Windows 8/8.1) | Ragnite Blue
diskpartのちlist volumeで一覧が出る。
ここで指定するのは#1のESPパーティションなので、
select volume=0 あたりになろう。続いて、
assign letter=Z
exit でdiskpartから抜けて、
bcdboot C:\windows /s Z: /f UEFI で変更を反映(書き込み)。

副作用としてWin10の起動ボタンという幽霊が出現。boot loaderに潜り込んだacronisもあわせてこちらを適用してすっきり。
bcdeditでUEFIのブート・エントリの名前を変更する - @IT
コマンドラインの詳細はTechNetの方がわかりやすい。
BCDとNVRAMで重複しているファームウェアオブジェクトを削除する -TechNet

それでは皆さんのご健闘を期待しましょ。なお、内部記憶に使われているeMMCは、名前こそMMCとSDの一種を想像するのでしょうが、実際はオンボードメモリらしく、低消費電力に特化しているという。また耐久性も若干短いと言われてるようなので、あまりゴリゴリ書き換えしないのがよさそうです。

|

« ブラザープリンタのタッチパネルモデルのアソコについて | トップページ | X80HD win10 クリーンインストール覚え書き »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/503499/62392678

この記事へのトラックバック一覧です: X80HD リカバリ覚え書き:

« ブラザープリンタのタッチパネルモデルのアソコについて | トップページ | X80HD win10 クリーンインストール覚え書き »