« Sprint版iPhone5cはアメリカ放題の夢を見るか? | トップページ

2017年7月 7日 (金)

NGFF M.2キーBフレキシブル延長ケーブルアダプタ

Lenovo ThinkPad T540pを購入して2年半。そろそろSSDの更新を、とM.2-2242の256GBを物色してみるが、2242という狭さでは造りにくいのもあってか殆ど新型が出てない状況。

あるとしたらトラセンドの少し前のモデル。暫くするとamazon販売よりも安いのが3者から同時に出品されてるのに気付く。しかし同時出品してる商品に一貫性がないことや、出品者の情報を漁ってみると電話番号が国際表記になってて、個人出品者なのに住所まで記してあったりと妙な印象。一人はツィッターもしてるようだったのでこちらにもメンションしてみるが反応がない。もともと、このアカウントのプロフィールを見ると農家なんだよねえ。
程なくしてそれらは成り済ましの詐欺アカウント軍団と判明。ひゃあ、危機一髪。

何となしにM.2の延長キットでもないかしらん、と検索したら出てきたのが「powerday® NGFF M.2キーBフレキシブル延長ケーブルアダプタ 」 (現在在庫切れのまま)。
これならM.2スロットの中に2280を収納できるかも、と注文。

Img_6597s

早速届いたものを展開。

M.2スロットにあてがって見る。80mmの長さの所でカットすれば余裕で収まる。

Img_6602s



Img_6598s 2242のSSDを実装して本体の外側に引き出した状態でも安定稼働するのを確認。
このフラットケーブル、少し長すぎるので短いのを調達しなくては。

ケーブル幅は9mm、
芯数は16本、0.5mmピッチ。

Img_6607s


Img_6605s

2280の線でカットして、2211の所にあるビス受けを熱して移して半田で固定。

SSDはSandiskのZ400の256GB。発熱もあるので熱伝導シートも調達。
フラットケーブルは長さは50mmを念のため2本。
aitendo実店舗で購入。

Img_6610s


win7のヘルプが正常に機能しなくなってるためリカバリディスクでセットアップして、ユーザーフォルダを全部ドライブDに設定する(→参照:とあるソニー好きなエンジニアの日記:Windows7のUsersフォルダをDドライブに移動する)ようにして、プロファイルのパス情報も少し直して見えるようにして、1ヶ月。

特にプチフリーズが発生するようなこともなく快調そのものです。
強いて言えば、裏蓋のツメが脆弱で一部折れてしまい、黒アクリル粉と溶液で固着し直したくらいかな。

格納後の写真。

Img_6753s

右端のビス隣にある十字状の柱の左側が干渉するためカッターで削って削除。

ツメ折れ補修とツメ折れ防止に黒アクリル粉を適宜盛っています。


Img_6754s

5cmのフラットケーブルで丁度です。底板と基板との間の隙間にたくしこんでます。

んにしても、2280がのびのびと入るのってちょっと快感。

延長ボードもちゃんとネジ止めしてます。

Img_6755s


現在はaliexpressやebayでそこそこの値段で購入できるようです。同様な問題を抱えているノートPCユーザーで、M.2スロットの上下ないし周辺に余裕がありそうな方はお試しあれ。

|

« Sprint版iPhone5cはアメリカ放題の夢を見るか? | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/503499/71068868

この記事へのトラックバック一覧です: NGFF M.2キーBフレキシブル延長ケーブルアダプタ:

« Sprint版iPhone5cはアメリカ放題の夢を見るか? | トップページ