« NGFF M.2キーBフレキシブル延長ケーブルアダプタ | トップページ | LM750HSでTVチューナは使える? »

2017年12月13日 (水)

今更ながらSLCなCFとSSDのベンチマーク。

CF-SCSI変換ボードを載せてるx68kのメンテの合間に、ずっと放置状態だったトラセンドの4GBのSLCと言われるx266とx300のCFの検証を思いつく。
まずはUSB2.0のカードリーダーでベンチを掛けて見る。

Transcend4g266x x266のベンチ結果。シーケンシャルで18MB/s?ちょっと遅くない?


Transcend4g300x x300も同様な結果。少しだけ上回ってるけど。
4Kランダムは0.1MB/sを超えてるのでSLCなのは確実。


とはいえシーケンシャルの数値があまりにも遅いので、リーダーの問題?とXPマシンを引っ張り出してUDMA&CardBus対応のCF-PCMCIAアダプタを引っ張り出して。

266cf32abenchx266。んがー、8MB/s。
検索してみるとXP側のドライバが標準のせいもあるけど、他のCFでも似たような結果。
どうもCardBus他の限界っぽいね。


300cf32abench

x300。あれ?ちょっと落ちてる。4Kランダムの書き込みではちょっと気を吐いてるけど。


Usb8gbbench

参考にUSB2.0につないだ8GB USBメモリのベンチ。


CF-A3のSSD化にと買ってそのままになってた玄人志向のKRHK-CF2.5IDEを引っ張り出して装着して、これまた玄人志向のUSB2.0-IDE-HDDケースに装着してベンチ。

Tra266udmaideusb2

まずはx266から。

おー、30MB/s近い速度が出てる。書き込みもそこそこ。4Kランダムはあまり変化しないのね。


Tra300udmaideusb

x300。

やっぱりちょっと落ちる感じもあるけど、512K、4Kランダムで面目を保った格好?


Kingspecpataideusb

KingSpecのIDE64GB(リンク先はアマゾン)。MLCとはいえまずまずの数値といえるかしらん。

無理にSLCを買わなくても間に合うっていうことで需要が減ったんだろうけど、耐久性の点ではやはりSLCもあって欲しいよね。

PCG-GRS72V/Pに装着して快調に使っていて、1年後にPen4-2.2GHzへ入れ替えたら、さすがにへたったのか半年もしないうちに絶命。
絶命直前には急に再起動するという予兆を示してくれてたので、深刻なSSDクラッシュの併発を起こさずに済んでくれましたが。


Sam18slc64sataideusb

最後はサムスンの1.8"SLC-mSATA SDDカード(リンク先はアマゾン)をSATA-IDE変換基板に配線して同じように測定。

シーケンシャルは最近のSSDの3桁台には及ばずながらも、4Kの書き込みはかなり良いでしょ。
NECのQXGAデスクノートPCに装着し、データは光学ドライブをSATAトレーと入れ替えてブイブイ走らせてました。
後になって光学ドライブ用のSATAの電源供給がへたったらしく、USB外付けドライブに切り替え。

さすがにPenM 770とXPではHD動画処理が苦しくなったのもあり、T540pへ切り替えました。


最後に、ベンチした実物と機器(の一部)。クリックすると拡大します。

Img_7051s_2

|

« NGFF M.2キーBフレキシブル延長ケーブルアダプタ | トップページ | LM750HSでTVチューナは使える? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/503499/72442016

この記事へのトラックバック一覧です: 今更ながらSLCなCFとSSDのベンチマーク。:

« NGFF M.2キーBフレキシブル延長ケーブルアダプタ | トップページ | LM750HSでTVチューナは使える? »